アドバイザー



新井 章吾

新井 章吾 海藻研究所 所長
海中景観研究所 所長

1955年栃木県足利市生まれ。
1979年東京水産大学卒。在学中から日本各地で藻場等の調査を行う。
1981年東京水産大学大学院水産学研究科修士課程修了。
同年株式会社海藻研究所設立。海藻と動物の相互作用を主要研究テーマとし、藻食魚の食害による磯焼けの研究に精力的に取り組んでいる。
2002年隠岐の島町に株式会社海中景観研究所設立。「海底造園」の造成、未利用だったアカモクの商品化、天敵の魚を増やすことによるエチゼンクラゲの駆除、間伐材魚礁の開発などを行って来た。

最近では、中海の水質を悪化させる湖底を漂うオゴノリを行政の協力を得ながら漁業者とともに採取し、アサリ漁場の再生に取り組んでいる。さらに、里山里海の連携による地域活性化として、その海藻を集水域の農地で肥料として活用することで農作物をブランド化するソーシャルビジネスに協力している。また、山口県周防大島など他の地域でも、未利用海藻の食用化などを含め、里山里海の連携による活性化に協力している。
NPO未来守りネットワーク 技術顧問(鳥取県境港市)、NPO自然環境ネットワーク 理事(広島県広島市)、NPOパパラギ"海と自然の教室"技術顧問(神奈川県藤沢市)などを務めている。

共著

「21世紀の海藻資源−生態機構と利用の可能性−」 緑書房(1996年5月)
"The Common Marine Plants of Southern Vietnam(ベトナム南部の海産植物図鑑)" 日本海藻協会(2005年)

論文

「海底湧水が育む浅海域生態系の仕組み」『季刊 海の未来を考える Ebucheb』2013年冬号
「磯根生物と住み場環境の安定性」『海洋科学』第20巻

専門分野

藻類増殖学 環境保全学


堂野 智史

堂野 智史 関西ネットワークシステム世話人
関西大学文学部非常勤講師

1962年大阪府生まれ。
1986年岡山大学文学部史学科地理学履修コース卒。
1989年岡山大学大学院文学研究科修士課程修了。
1998年岡山大学大学院文化科学研究科後期博士課程単位修得退学(社会人入学)
1989年4月大蔵省所管財団シンクタンクに就職。地域産業政策を担当、国・自治体などへ調査研究・政策提言を行う。産業クラスター政策研究(近畿経済産業局)、ものづくり再生プラン(大阪市)、メディカルバレー構想(三重県)、クリエイションコア東大阪第2期企画案作成(大阪府)など、数々のプロジェクトに参画。
2003年財団法人大阪市都市型産業振興センター 扇町インキュベーションプラザ所長兼インキュベーションマネージャー就任。2010年移転・改称に伴い、同財団クリエイティブネットワークセンター大阪・メビック扇町所長兼チーフコーディネーター就任。クリエイターの創業支援および扇町クリエイティブクラスター創生に向けたコーディネート活動に取り組んでいる。
2003年6月に仲間とともに関西ネットワークシステムを立ち上げ、世話人の一人として、フラットな関係性に基づく産官学民のインフォーマルコミュニティやネットワークづくりに取り組んでいる。

地域産業おこしに燃える人(第2期)、岩手県「希望郷いわて文化大使」、近畿経済産業局「関西コンテンツクリエイトプラットフォーム(KCCP)」研究会メンバー、大阪府ものづくりビジネスセンター大阪活性化委員会委員長などを務める。

共著

「産業集積の変貌と地域政策」ミネルヴァ書房(2012年11月)
「現場発!産学官民連携の地域力」学芸出版社(2011年3月)
「大阪新生へのビジネス・イノベーション―大阪モデル構築への提言」ミネルヴァ書房(2009年10月)
「公設試験研究機関と中小企業」創風社(2006年12月)
「CAFE―創造都市大阪への序曲」法律文化社(2006年11月)
「産業の再生と大都市―大阪産業の過去・現在・未来」ミネルヴァ書房(2003年1月)

専門分野

地域産業政策、産学官民連携、経済地理


中村 良平(リサーチ・アドバイザー)

中村 良平 岡山大学大学院社会文化科学研究科教授・経済学部副学部長
東京大学客員教授
経済産業省 経済産業研究所 ファカルティフェロー

1953年香川県高松市生まれ。
京都大学工学部衛生工学科卒。筑波大学大学院社会工学研究科修了(学術博士)。
近畿大学商学部専任講師、助教授を経て、1988年より岡山大学経済学部助教授。1994年より同教授。2006年より現職。
米国カリフォルニア大学バークレイ校客員研究員(1992~1993年)、英国グラスゴー大学都市研究学科公式客員研究員(2006 年)。

自治体や官公庁の各種委員も多数歴任。最近では、岡山県事業再点検に関する有識者会議委員、林野庁事業評価におけ る有識者会議委員、朝来市経済成長戦略会議委員長など。事業評価や新産業創出、地域連携、NPO関連など、自治体や地域における社会貢献 としての研究・活動にも幅広く取り組んでいる。
また、全国各地で地域産業連関表の作成や、それに基づく地域経済構造分析を実施、監修しており、事例研究も数多く行っている。

共著

「まちづくり構造改革 地域経済構造をデザインする」(2014年4月)
「これで納得!集落再生」(2011年1月)共著
「都市と地域の経済学 新版」(2009年1月)共著 ほか

専門分野

地域公共政策、都市・地域経済学、環境経済学


原田 禎夫

原田 禎夫 大阪商業大学経済学部経済学科准教授
NPO法人プロジェクト保津川副代表理事

1975年京都府生まれ。
1998年同志社大学経済学部卒。
2001年同志社大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。
2005年同志社大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。
同年大阪商業大学経済学部講師。
2008年経済学博士取得。
同年より現職。

NPO法人プロジェクト保津川での保津川の環境保全、コモンズ研究会、桂川流域ネットワーク、京筏組(保津川筏復活プロジェクト)など、学外での活動も積極的に行っている。

論文

「市町村合併の実証分析」『会計検査研究』会計検査院 第24号
「市町村合併の評価手法に関する研究」『同志社大学経済学論叢』第54巻第2号
「水資源の保全を考慮したラムゼイ料金』『同志社大学経済学論叢』第55巻第3号
「水道未来の効率性分析」『同志社大学経済学論叢』第55巻第4号
「Regional Economics and "keiretsu" Groups in Japan」(共)『ITEC Working Paper Series』(同志社大学)
「企業グループと地域の産業集積」(共)『同志社政策科学研究』第8巻第1号掲載
「水運文化の伝承を通じた流域連携の再生-保津川筏復活プロジェクトを事例に」生存基盤科学研究ユニット・東南アジア研究所 サイト型機動研究 報告書『ざいちのち』

専門分野

公共経済学、財政学


平田 オリザ

平田 オリザ 劇作家・演出家
東京藝術大学COI研究推進機構 特任教授(2015年~)
四国学院大学客員教授・学長特別補佐(2010年~)
公益財団法人 舞台芸術財団演劇人会議理事長(2011年~)
日本劇作家協会副会長
財団法人 地域創造理事
豊岡市文化政策担当参与、城崎国際アートセンター芸術監督
埼玉県富士見市民文化会館キラリ☆ふじみマネージャー

1962年東京都生まれ。
1982年大学在学中に、劇団「青年団」結成。
1986年国際基督教大学教養学部人文科学科卒。
1993年自治省「地域の文化振興に関する調査研究会」アドバイザリースタッフ就任。
1995年「東京ノート」で第39回岸田國士戯曲賞受賞。
1998年「月の岬」で第5回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。
2000年桜美林大学文学部総合文化学科助教授、2005年総合文化学群演劇専修教授・演劇専修長、2006年退任。
2002年文化行政についての具体的提言をまとめた「芸術立国論」(集英社新書)で国際批評家協会演劇評論家賞受賞。
2003年『その河をこえて、五月』で第2回朝日舞台芸術賞グランプリを受賞
2006年モンブラン国際文化賞受賞。
2009年大阪国立国際美術館での「東京ノート」上演により第62回文化庁芸術祭優秀賞受賞。
2010年フランス・リヨン国立高等師範学校にて客員教授・招聘芸術家として授業を行う。
2011年フランス国文化省より芸術文化勲章シュヴァリエの叙勲を受ける

演劇はもとより教育、言語、文芸などあらゆる分野の批評、随筆などを各誌に執筆。 近年は、公演やワークショップを通じて、フランスをはじめ韓国、北米、オーストラリア、東南アジア、中国など海外との交流も深まっている。 また、2002年度以降中学校の国語教科書で、2011年以降は小学校の国語教科書にも平田のワークショップの方法論に基づいた教材が採用され、多くの子どもたちが教室で演劇を創作する体験を行っている。 他にも障害者とのワークショップ、自治体やNPOと連携した総合的な演劇教育プログラムの開発など、多角的な演劇教育活動を展開している。

著書

「わかりあえないことから―コミュニケーション能力とは何か」講談社新書(2012年10月)
共著「コミュニケーション力を引き出す」PHP新書(2009年8月)
北川達夫氏との対談本「ニッポンには対話がない―学びとコミュニケーションの再生」三省堂(2008年4月)
「16歳 親とこのあいだには」岩波ジュニア新書(2007年6月)
「演劇のことば」岩波書店(2004年11月)
他、多数

専門分野

演劇、演劇教育、各国文学・文学論


村上 智彦

村上 智彦 NPO法人 ささえる医療研究所 理事長
ささえる医療クリニック岩見沢 院長

1961年北海道生まれ。
2001年北海道瀬棚(現せたな)町立診療所長として、日本初の肺炎球菌ワクチン公費助成を実現。同町で予防医療にとりくみながら介護・福祉・医療が連携して住民の日常を支える体制づくりに奔走。町の老人医療費は大幅に減少した。
2007年全国一の高齢化率、財政破綻のまち夕張市に移住。「医療法人財団夕張希望の杜」 理事長。2012年辞任。
2012年より現職。

2009年7月「若月賞」受賞。予防と在宅医療、他職種連携を重視し、「支える医療」をキーワードに新たな地域医療の再生とまちづくりに取り組む。

著書など

「医療にたかるな」新潮新書(2013年3月)
「ささえる医療へ」エイチエス(2012年2月)
「村上スキーム」エイチエス(2008年5月)
川本敏郎「医師・村上智彦の戦い―夕張希望のまちづくりへ」時事通信出版局(2010年3月)

専門分野

地域医療、予防医学、地域包括ケア、チーム医療


森本 登志男

森本 登志男 佐賀県最高情報統括監
総務省地域情報化アドバイザー

1962年岡山県生まれ。
1986年京都大学工学部合成化学科卒。
同年宇部興産入社。
1990年ジャストシステム入社。
1995年マイクロソフト(現・日本マイクロソフト)入社。Microsoft Corporation(米国)勤務、マイクロソフト事業計画室長、市場開発部長、公共営業本部自治体営業部シニアマネージャーなど歴任。
2011年より現職。

マイクロソフト時代は、本務の傍ら、週末地域活性化プロデューサーとして、上勝町ICT戦略検討委員会アドバイザー、秋田県産業サポータークラブ、ふくいブランド大使などを歴任。
現職では、ICT活用の観点から県庁経営に参画し、県庁や県内の情報化を統括するとともに、ICTを活用した県庁全体の業務改革の推進を担う業務に取り組んでいる。最高情報統括監としての業務に従事する一方で、平日の終業後や週末の多くの時間をCSO活動に費やしている。主な活動としては、佐賀県で活動をしている様々な団体やグループをfacebookなどのSNSを利活用してネットワーク化。佐賀県内各地でCSO活動や地域活性化に関する講演活動を行っている。

専門分野

行政及び企業・地域の情報化、地域活性化、マーケティング


山本 啓一

山本 啓一 九州国際大学法学部教授
福岡県防犯アドバイザー

1969年岡山市生まれ。
1994年一橋大学法学部卒。
1999年一橋大学大学院法学研究科博士課程公法・国際関係専攻修了。博士〈法学〉。
1999年東京大学先端経済工学研究センター協力研究員(〜2001年3月)。
2001年九州国際大学法学部専任講師。
2008年九州国際大学法学部教授(現在に至る)。
2008年9月九州国際大学法学部長(〜2012年12月)。

2004年より退学防止をねらいとする新入生研修プログラムを手がける。2006年から2009年にかけて大学に隣接する商店街においてゼミや講義、カフェ運営等を実施し、2010年より学生防犯ボランティア団体を組織するなど地域連携活動にも関わる。学部長としては、初年次教育改革および学部カリキュラム改革を手がけた。大学教育改革および防犯に関する講演多数。

最近の主な論文・著書

「大学の地域連携とソーシャルキャピタルの構築について」『九州国際大学法学論集』第13巻第3号、2007年。
「学力に課題を抱える大学における就業力の育成と課題」『日本労働研究雑誌』第629号、2012年12月。
「PROGテストと初年次文章表現科目によるジェネリック・スキルの測定と育成」『九州国際大学法学論集』第19巻3号、2013年3月。
(近刊)『(共著)大学の授業をデザインする―21世紀を生きる大学生の日本語リテラシーを育む』ひつじ書房。

専門分野

専攻は国際政治学。
現在は、大学教育改革、初年次教育改革、文章表現科目、防犯政策等の危機管理を担当。


和田 崇

和田 崇 県立広島大学経営情報学部 准教授

1969年広島県東城町(現.庄原市)生まれ。
1993年筑波大学第二学群比較文化学類卒。
2006年放送大学大学院文化科学研究科修士課程修了。
2010年広島大学大学院文学研究科博士過程修了(博士(文学))。
広島県高校教員、株式会社地域交流センター企画中国四国事務所長(地域振興コンサルタント)、有限会社地域科学研究所所長(地域振興コンサルタント)、徳山大学を経て、
2013年4月より現職。

県立広島大学では「地域マネジメント論」「地域政策論」などの授業を担当。
最近は、文化・スポーツなどのコンテンツを活用した地域振興などの研究を推進中。

主な著書・論文

「創発まちづくり―動く・繋がる・生まれる―」学芸出版社(2005年)
「本四3架橋を交通基盤とした地域連携軸戦略と交流・連携活動の実態」『経済地理学年報』第48巻、2002年。
「中国山地の県境地域における協働の過程とその特色」『計画行政』第29巻、2006年。
「戦後日本におけるまちづくり論の展開」『徳山大学論叢』第71号、2010年。
「漫画を活用した観光まちづくり―鳥取県を事例に―」『エリア山口』第40巻、2011年。

専門分野

地域計画・地域政策、人文地理学